渡辺雄太 NBAラプターズと本契約勝ち取る!今までの2way契約とは何?

トレンド
コードをコピー

(NBA)のラプターズは19日、渡辺雄太(26)と本契約を結んだと発表したと報道されました。

日本人では、田臥勇太さん八村塁さんに次いで3人目の快挙になりました。

今まで本契約じゃなかったの?という疑問も多かったんじゃないでしょうか。

現役の日本人選手では、八村塁(23)がウィザーズと本契約を結ぶNBAプレーヤーとして活躍しています。

そこで、NBAにおける2ウェー契約とは何かを調べてみました。

渋野日向子初ロマンスお相手は意外な相手だった?二人の馴れ初めは?

スポンサーリンク

渡辺雄太 NBA2way契約って何?

2way契約とは?

2way契約は2017年から NBAで始まった新しい契約形態です。

この2way契約を結んだ選手はざっくり言うと、NBA選手でありGリーグ選手でもあるという状態です。

基本的には、提携するGリーグのチームで活動します。

渡邊選手は、2018年から2020年まで

メンフィス・グリズリーズのと2way契約を結んでいたので、提携先であるGリーグのメンフィス・ハッスルでの活動が中心となっていました。

そして NBAチームから召集された場合にはチームと合流し、最大45日間の試合や練習に帯同できるんです。

2019-20シーズンの場合に何度も召集されるような選手でない限り、多くの選手がレギュラーシーズンの5ヶ月間で$35,000(約400万円)程度の収入となっています。

【号外】渡邊雄太がついにラプターズと本契約!!

渡辺雄太 NBAで経歴

 

渡邊選手は、香川・尽誠学園高を卒業後に渡米し、2014年にジョージ・ワシントン大に進学。18年にグリズリーズと2ウェー契約を結び、同年に田臥勇太以来、日本選手2人目となるNBAデビューを果たした。3季目の今季はラプターズで39試合に出場し、1試合平均4得点、3.3リバウンド。今月16日にはマジック戦で自己最多の21得点を挙げた。

これからの渡邊選手の活躍に益々目が離せません。

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました