坂井真紀 別れた不倫夫の飲食店が即閉店!?星野源と過激濡れ場?

不祥事
コードをコピー

女優・坂井真紀(50)のこと。

カメラマンの夫・鈴木心氏(40)は「女子大生との不倫」が発覚しの離婚が2020年6月末に成立した。

鈴木氏は2019年6月、「写真家卒業」を宣言して喫茶店を開店したが、今もカメラマン活動や写真館の経営を続けている。

だが結局、11月に喫茶店は閉店してしまった。やはり不倫の影響が大きいのか?

「出演した『危険なビーナス』(TBS系)でも最後、夫に裏切られる役で……現実の坂井さんと重なってしまいました」

スポンサーリンク

坂井真紀 不倫夫の飲食店が即閉店?原因は?ネットでの声

ネットの声
ネットの声

わざわざドラマの役柄と安易に結び付けなくても良いと思う。
元ダンナのだらしなさが際立つ。
自業自得だと思う。
坂井さんには幸せになって欲しい。
執着するようなダンナでは無かったと思う。

ネットの声
ネットの声

閉店はコロナ禍の影響でしょ。
離婚も無理にドラマと繋げなくても良いんじゃない?
二人は大人、結婚も離婚も自由、他人が踏み込む話じゃない。

ネットの声
ネットの声

政治家がうまくいってないときは 国民の目を 芸能人の不倫記事でごまかすことになってます。

ここまでやるとは、国会議員が自分達でちゃんとしてませんといっているようなもの。

思えば 東出 渡部 など 去年から不倫オンパレード
こんな事態になってもそんなことをしてるなんて 本当にどうしょーもない。
呆れて どぅでもいい。

坂井真紀が出ていた『危険なビーナス』で演じた役と、実際にも夫に裏切られ離婚した境遇を結びつけたかったようだが、世間からはなかなかのどうでもいい話の模様。

坂井真紀 星野源との映画『ノン子36歳(家事手伝い)』が過激すぎる

『ノン子36歳(家事手伝い)』
日本の女優。映画「ノン子36歳」東京で芸能人をやってみたけど鳴かず飛ばず。マネージャーと結婚したけど。三十路半ば、バツイチ出戻り、実家の神社で家事手伝いのノブ子(通称ノン子)。セックスだって、いつしたかもう分からない…。やる気なしのノン子の前に、神社の祭りでヒヨコを売ってひとやま当てようという若者、マサルが現れた。世間知らずで、情けないけど、ひたすら一途で真っ直ぐな年下クンに、笑顔を忘れたオンナが、閉ざしていた心と体を少しずつ開いていく…。
ネットの声
ネットの声

俺の中学生時代のアイドルである坂井真紀のガッツリめの濡れ場が2回あり、そのうちの1回の相手が星野源だった。

地方の村祭りで一世一代の賭けとしてヒヨコ売りの的屋をしようと画策する星野源が、外者ということもあり祭りの有力者に理解を得られず、的屋もさせてもらえず、ブチ切れて祭りをチェーンソー振り回してめちゃくちゃにして、いい仲になった坂井真紀としばしの逃避行を謀るっていうのが大まかなストーリー。
星野源の行動原理が理解に苦しむ映画だったな。
坂井真紀、綺麗だったな。

この映画は本当にガッツリめの濡れ場が2回あり、売れる前の星野源との絡みはやばいです!あらすじ的にはイマイチという意見も多数あります。

↓この映画をただで見るには↓

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました