児嶋一哉 渡部会見 見捨てなかったコンビ愛!嫁は元アイドル, 俳優業順調!

トレンド
コードをコピー

12月3日夜、今年6月の不倫報道で無期限活動自粛中のアンジャッシュ・渡部建さんの会見が行われて、ネットで生配信されたため、Twitterのトレンドランキング上位を独占するなど、大きな注目を集めました。

スポンサーリンク

児嶋一哉は渡部建を見捨てない?アンジャシュはコンビ愛不滅?

渡部は会見でコンビでの活動について「一緒にやりたい気持ちは当然ある」としつつも「おこがましくて言えない」と吐露した

渡部の相方、児嶋一哉(48)が「バッシングをされたとしても、俺の方も大丈夫だ」と今後も支えていく意向を周囲に話していることが分かった。復帰には児嶋の力が欠かせない状況。渡部が児嶋を見下ろす形のコンビ芸でやってきたが、立場は逆転しそうだ。

 

児嶋一哉の嫁は元アイドル?経歴は?

児嶋一哉さんは坪井志津香さんと結婚されてで9年ほど経ちますが、あまりその話題はテレビで出てきませんね。

結婚について触れられることはほとんどありません。このため児嶋一哉さんの嫁さんは一般人なのかと思いきや、元芸能人。しかもアイドルだったんですよね!

坪井志津香さんは、エステで有名なエルセーヌ主催の第7回ミス・テラクィーンに合格しデビュー。

1995年から「Lemon Sugar VS TOo’s(レモンシュガーヴァーサストゥーズ)」という4人組アイドルグループとして活動。当時アイドルとして活動していたのは19歳。同グループからシングル「MAGIC IN TIME」をリリースしましたが、最初で最後の曲になっていますので、結成後、程なくして解散しました。

実は、ピコ太郎さんでお馴染みの古坂大魔王さんが組む音楽ユニットでは、「ノーボトム」は2008年ごろにNBR(NEW BUSHIDOU RAVERS)と改名。「ノーボトム」の元メンバーには、お笑い芸人アンタッチャブルの柴田英嗣さんの元妻であるNAONさんこと二見直子さんがダンサーとして参加していました。お笑い芸人の妻たちが同じグループに所属していたなんて意外なつながりですね。

児島一哉は芸達者?俳優での活路

なぜ児嶋は俳優として求められるのか。

芸人さんで俳優をする人は増えましたが、その中でも児嶋さんは役者向きだと思います。

俳優さんにはない、特徴のある容姿や芝居を求められていました。

児嶋さんも、役者としてその演技力が認められるようになってきたということでしょう。

年齢や見た目も、今のドラマ業界にちょうどいいです。

大人の男性の役柄を違和感なく演じられる児嶋さんの需要は高いのです。

アンジャシュのすれ違いコントで、演技力に磨きがかかり今やドラマ,映画に多数出演されてます。

そこで本人の資質に合った、俳優業という道が広がっていったのでしょう。

ネタを作っていない人の方が、役者として適性があるパターンが多いのです。

まとめ

  • 児嶋一哉は会見を行った、相方,渡部建見捨てない方針コンビ愛で復活希望。
  • 児島一哉の嫁は、元アイドル&女優業、元芸能人とあって抜群の容姿。
  • 児嶋一哉は俳優業で成功しており、今や映画やドラマに多数出演。

 

人気ブログランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました